全国TOP >> 長野/観光 >> 長野市周辺 >> 川中島古戦場

川中島古戦場

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

川中島古戦場とは

川中島古戦場 武田信玄と上杉謙信の北信濃覇権をめぐる合戦で、5回にわたる合戦だった。その中で両軍の将であった2人が一騎討ちしたと伝えられるのが、永禄4年(1561)の4回目の戦い。八幡原史跡公園内にあるこの古戦場に、当時の激しさを偲ばせる像がある。乱戦で武田本陣が手薄になった時、謙信ただ一騎、信玄目がけて隼のごとく駆け寄り、剣を三太刀七太刀振り下ろしたのを、信玄が軍配で受けたという劇的なシーンだ。最も戦国武将らしいシーンとして語り継がれている。また信玄と謙信が良きライバルだったという「敵に塩を送る」というエピソードも残っている。
今週のランキング:1位 エリア:長野市周辺
ジャンル:歴史的建造物 / 旧跡 /

概要

名称川中島古戦場
(かわなかじまこせんじょう)
営業時間8:30〜17:00
住所長野県長野市小島田町
電話番号026-223-6050(ながの観光コンベンションビューロー)

アクセス

JR長野駅→川中島バス古戦場経由松代行きで18分、バス停:川中島古戦場下車、徒歩すぐ

長野市周辺で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。