全国TOP >> 長野/観光 >> 伊那・駒ヶ根・飯田・昼神 >> 高遠城址公園

高遠城址公園

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

高遠城址公園とは

高遠城址公園 武田信玄の命により改修された高遠城。1872(明治5)年になると民間に払い下げられた。その後、桜の植樹が始められ、次第に拡張されて現在の公園となった。高遠城の桜は、天然記念物にも指定され「天下第一の桜」と謳われ、信州随一の桜の名所となった。
5万4000平方mの敷地内に約1500本以上のコヒガンザクラが植えられ、4月に催される高遠桜まつりの時期には、県内外から多くの観光客が訪れる。
今週のランキング:32位 エリア:伊那・駒ヶ根・飯田・昼神
ジャンル:歴史的建造物 / 旧跡 / 花見 / / 天然記念物祭 /

概要

名称高遠城址公園
(たかとおじょうしこうえん)
営業時間通常:対象外
高遠桜まつり期間:6:00〜23:00
休業日対象外
料金通常:無料
高遠桜まつり期間:大人500円、小中学生250円(進徳館、絵島囲み屋敷と共通)
住所長野県伊那市高遠町東高遠
電話番号0265-94-2557(伊那市高遠町総合支所 教育振興課)

アクセス

バス:JR伊那市駅より高遠行きで約25分。高遠駅下車、徒歩で約15分。
車:中央自動車道、伊那ICより約40分。

伊那・駒ヶ根・飯田・昼神で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。